なおログ

30歳。東京で働く会社員。心にじんわり広がる幸せ。

自分の心と向き合う

日常をラップする詩人、ZORN。

元彼に最も感謝している事のひとつは、私に日本語ラップを教えてくれた事だ。今でこそ「高校生ラップ選手権」が武道館で開催され、毎週地上波で「フリースタイルダンジョン」が放送されるが、彼が私に日本語ラップを教えてくれたのは、このムーブメントが本…

日記を書いて、心を映す。

恋愛に没頭すると、彼の言動ばかりが気になって、自分の気持ちがわからなくなってしまう。「本当は何がしたいのか?」「どうなりたいのか?」心に問いかけても、モヤモヤと薄暗い霧ばかりが広がっている。そういう時は、必ず日記を開いて自分と向き合う時間…

羽のように軽く、ポジティブに。凪のように穏やかに、凛と。

こんなどこの馬の骨が分からない女のブログにも、毎日ポツリポツリと訪れてくれる方がいる。ブログを始めて1ヶ月半。まもなく100アクセスになるらしい。アクセス元は、半分がGoogleだ。何を検索して私のブログにたどり着いたんだろう?すごく興味がある。 20…

30歳から通うジム②筋トレ編

「有酸素運動は過去を清算する運動。筋トレは未来をつかみ取る運動なんです」と、ティップネスのトレーナーさんは言った。 【前回の日記】 naolog.hateblo.jp ジムでやっていること ②筋トレ 冒頭のセリフ。ランニングやウォーキングなどの有酸素運動は、今つ…

30歳から通うジム①ストレッチ編

スマホで自分の写真を加工するようになったのは、いつからだろう?画面の向こうで、シミひとつない小顔、パッチリした大きな目、ウエストのくびれた私が笑っている。私じゃない。私によく似た、世界中のどこにもいない架空の人物。分かっちゃいるけど、写真…

彼の人生じゃなくて「自分の人生」を生きる。

私は彼氏がうらやましかった。嫉妬にも似た気持ちがあった。 彼氏は私と違って、忍耐強くて感情の浮き沈みを表に出さなかった。学生時代からいつも人の輪の真ん中にいた人気者で、抜群のコミュニケーション能力があった。そうしてみんなと仲良くしながらコツ…