なおログ

30歳。東京で働く会社員。心にじんわり広がる幸せ。

初めてクロスバイクに乗ってから、tokyobikeを手に入れるまで。

初めてクロスバイクに乗ったのは、猛暑日が続く8月の事だった。

朝8時に川越駅に集合、と言われ眠い目をこすりながら電車に乗った。小さな改札を抜けて広場に出ると、けだるそうな蝉の大合唱が響いていた。雲ひとつない青い空から、朝とは思えないような強い太陽の光が射して、私の肌をジリジリと焼いた。

ある日、会社で書類をコピーしていたら、急に先輩から「自転車に興味ない?」と誘われたのだった。あんまり興味がなかったから適当にかわそうと思っていたのに、あれよあれよという間に空いている休日を押さえられてしまった。それにしてもこんなに朝早いとは聞いてないぞ、と心の中で先輩を責めた。

忘れられない初ライド

f:id:nao_blog:20161210140308j:plain

www.shinrinkoen.jp

先輩の車に乗って、到着したのは国営武蔵丘陵森林公園。ここは豊かな緑の中に全長約17kmのサイクリングコースがある。朝にも関わらず気温はすでに上がっていて、駐車場からサイクリングコースの入口まで、汗をかきながら先輩に借りたクロスバイクを押して歩いた。

そこから経験した事は、本当に今でも忘れられない。まずサイクリングコースの入口で、クロスバイクの乗り方と操作方法を教えてもらった。そして練習と称して1〜2km走ってみたのだった。まず、その時の、ペダルの軽さ!少しだけ片足に力を入れるだけで、スーッと音もなく進んでいく。ほとんど何の力も要らないくらいだった。自転車をこいだらクタクタに疲れると思っていたから、これにはビックリした。

今度は本格的にサイクリングコースを走っていく事になった。このコースは緑のお陰でほとんど直射日光を浴びなくてすむ。あんなに強く照りつけていた8月の陽射しが嘘のように、木々の緑が目に優しく揺れている。朝の木陰は、肌にひんやりと涼しい。顔にあたる風の気持ち良さ。木の香りを胸いっぱいに吸い込んで、日常のストレスと一緒に吐き出す。ぐんぐんペダルを前にこぎながら「これはハマるわ」と直感的に思った。17kmなんてあっという間だった。

初めての自転車選び

その後も、先輩に何回かに渡って何ヶ所かのコースに連れていってもらった。いつも先輩のクロスバイクを借りていたから、すぐに自分の自転車が欲しくなった。とはいえ、素人の私は「クロスバイク」で検索して出てくる無数の自転車情報を前に途方に暮れた。自転車が趣味の先輩やお客さんにアドバイスしてもらい、買う目的や外せない条件を考えていった。そうして決めたのが、こんな条件だった。

  1. 可愛い(安い買い物じゃないから気に入ったデザインじゃないと!)
  2. 街乗りを楽しみたい(いつも車で通り過ぎてしまう場所をゆっくり走りたい)
  3. カラダのサイズに合ったもの(私は身長153cm。先輩の自転車は大きかった)
  4. 予算15万円程度(最初の1台なので高価すぎず、それでいて長く乗れるもの)

ある日、自転車部の顧問をしていた経験があり、今も自転車通勤をしているというお客さんが「それなら菜穂ちゃんにオススメの自転車があるよ」とtokyobikeを教えてくれた。一般的な自転車の車輪は27インチだけど、tokyobikeは26インチの自転車を取り扱っていて、小柄な私に合うのではないかという。私の住む街・高円寺にもtokyobikeの直営店があるので、さっそく見にいってみた。

 tokyobikeで自転車を買うまで

tokyobike.com

f:id:nao_blog:20161211161555j:plain

tokyobike新高円寺店には3名のスタッフさんがいて、とても親切に対応して下さった。こじんまりとした店内だが、手前にはコーヒーなどを注文できるカフェのようなスペースがあって本が並んでいるので、「自転車を買う人以外お断り!」というようなプレッシャーはなく立ち寄りやすい。

f:id:nao_blog:20161211161641j:plain

まずは、試乗。このずらりと並んだ自転車が、試乗用。私はあらかじめホームページでチェックしていた「TOKYOBIKE26」と「TOKYOBIKE SPORT9s」を試乗させて頂いた。ぶらりと高円寺の街を走ってみると、普段の徒歩や車の時には気付かなかった景色に出会えて、少しの時間だがとても楽しかった。「TOKYOBIKE26」は、とても体にしっくりきた。「SPORT9s」の方は、私の体には小さく感じた。乗り終わった後に、肩まわりに不自然な疲労感があった。やっぱり試乗してみないと自分に合うかどうかは分からない。

さっそく「TOKYOBIKE26」を買う事に決めて、次はカラー選び。悩みに悩んで、飽きのこなさそうなアイボリーに決定。その後は、小物を選ぶ。ドリンクホルダー、ベル、ライト、カギ(チェーンタイプ)。カゴや自転車カバー(屋外で保管する人向け)を買う人もいるらしい。小物を選び終わったら、ドリンクホルダーとベルを取り付ける位置を決める。ここまで終わったら、注文書に記入して、支払い。自転車本体と小物を合わせて10万円弱だった。受け取りは、注文から1週間後!オトナになってからはなかなか感じられないワクワク感の中、毎日指折り数えてその日を待った。

ついに、私の自転車を手に入れた!

f:id:nao_blog:20161211161526j:plain

1週間後、ついに受け取り!店員さんが店頭で記念写真を撮ってくれた。初日はテンション高く、受け取ったその足で約40分かけて皇居まで走ってきた。帰ってきた時には日がとっぷりと暮れて、全身汗だく、体の節々が痛かった。それでも自転車で遠出すると車で走るのとは全く違う景色が見られるし、日常の中に冒険を感じてすごく楽しい。皇居側の景色も好きだけど、私が大好きなのは緑の向こうに見える丸ノ内ビル群。ニューヨークでセントラルパークから摩天楼をのぞむのに似ている。今から桜の季節のライドも楽しみだ。

f:id:nao_blog:20161210142423j:plain